Vivyアニメテーマ曲Sing My Pleasure英文解説しながら本気で考察するー2

Language

この記事はvivyアニメのネタバレを少し含んでいます。ですが、見ていない方でも楽しめるよう工夫しました。

VIVYアニメあらすじ

Vivy-Fluorite Eye’s Song-製作委員会より引用

OP「Sing My Pleasure」

毎回のオープニングテーマ曲として使用されていた曲でした。

曲のテンポは比較的早く、最初に発される

as you like my pleasure

は印象的です。

as you like my pleasureの意味は?(解釈1)

英語の単語を順番に分解して見ていきましょう

asの意味

として使っていきましょう。接続詞については以下を参考にしていただければと思います。

しかし[as]を接続詞と使うと接続詞する文がありません。これでは接続詞ではないのでは?と考えると思います。しかし、筆者は「接続詞」が一番意味として一番適切ではないかと考えます。

この曲はopで流れます。また、この曲はVIVYが100年間の旅をしている最中でも歌います。つまり、VIVY自体が心とは何か?歌でみんなを幸せにするという使命は何か?と考えている最中でもあります。そして未来を改変出来たという保証もありません。その意味も込めて空白の文章があるのではないかと思います。

you like my pleasureの意味は?

この意味を説明する前にこの文章を見ていきましょう。

you like my pleasure

まずyouをs(主語) likeをv(動詞)とします

日本語訳:あなたは私の楽しみが好きです。

しかし、これでは意味が通じにくい文になりました。

you like my pleasure

次にlikeを動詞と考えずに形容詞と考えます。

日本語訳:私の楽しみはあなたと共に

これなら意味を想像できます。そして、感動を導けるのではないかと筆者は考えます。

考察

vivyは松本と共に100年間の旅に出ます。このアニメではその100年間の旅を13話中11話、つまりアニメの本編になります。ここでの本編とはアニメを導入・本編・結末と分けた時の本編とします。

この事からわかるようにvivyは100年間松本と「ふたりだけ」の時間を過ごします。

楽しい事だけではありません。AIの暴走を止める為に過去100年間の旅をするのです。ですが100年間で成長も苦しみも乗り越えた仲間はAI「松本」しかいないのです。そんな100年間の人生には最後には楽しいに代わります。

例えば、今苦しい出来事を経験したとしましょう。10年後、振り返った時その思い出は「懐かしい」に代わります。何故なら、楽しいという言葉が存在しているのは苦しい出来事があるから初めて成立するからです。

そのことからyouを松本と捉える事も出来るでしょう。そして接続詞asを使い

日本語訳私の楽しみはあなたと共にあるので

解釈文1 私の楽しかった思い出、辛かった思い出、松本と共有したよ

解釈2

今度は視点を変えてみましょう。youをvivyアニメを見ている視聴者、第三者、としましょう。

英文解釈はそのまま利用して

解釈文2 みんな見ている?聴いている?私の思い出という楽しみを、

おわりに

この解釈は筆者が考えた解釈なので様座な見方があると思います。

VIVYが歌った歌だからこそ意味を考えると作品がより一思い出に残ります。

解釈3 私(vivyアニメ)、あなたの心の中でいつまでも楽しんでいるよ

色んな解釈を考えると面白いです。

関連広告
Language
Share😄

コメント