RLC回路におけるキルヒホッフ式

数学
まとめ

#キルヒホッフ式

#数学モデル

RLC回路

RLC回路はR(抵抗),L(コイル),C(コンデンサー)を直列に接続してしまった回路です。

現在では、デジタルで疑似的にRLC回路を実現しています。

  • 電源フィルタ
  • テレビ,ラジオ,トランシーバー,携帯電話,スピーカー(ネットワーク),赤外線リモコン

このような技術に応用されています。

モデル

L(コイル)とC(コンデンサー)では以下の数学モデルが実験や理論によって求められました。

今回はその導きは省略します。

キルヒホッフの式

第一法則

任意の分岐点で流れ込む電流の和は等しい。

第二法則

任意の一回りの閉じた経路の電位差の和は 0 になる

これらを応用すると以下が求められる。

これらを応用して、「制御工学」という自分自身であらゆる事象を制御する分野につながる。

関連広告
数学
Share😄
AnimeCreate

コメント