laravelのsqlite制作方法

総合

laravelのデーターベース

今回はModelの部分です。

laravelではデーターベースを編集したり、変更を加えると直接変更することはできません。

laravelではコマンド制御が主流となっておりコマンドで実行します。

$php artisan migrate

その際に、artisan migreateを実行することで更新作業が完了します

laravaelでsqliteを使う設定

まず、初期設定ではlaravelはMysqlを使う設定になっています。今回はそれは

SQliteに変える設定をします。

1.$cd(artisan)があるディレクトリまで移動します。

2.(名前それぞれ).envファイル

3.envファイルを編集する

DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=127.0.0.1
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=laravel
DB_USERNAME=root
DB_PASSWORD=(書いてある)

この状態を書き換えます。

DB_CONNECTION=sqlite

datavaseの確認

それでは次はdataavseの確認(sqlite)をします。

コマンドからSSL接続して先ほどのコマンドからdatabase/database.sqliteを入力します。

ちなみにデーターベースのコマンド制御(sqlite)の場合は以下のコマンドです。

終了する時は以下で終わります。.exitです。

.exit

sqliteにデーターを入れよう

$php artisan make::seeder BooksTableSeeder

このコマンドによりデーターベースにデーターを入れる為のファイルが作成されました。

この場合ならBooksTableSeeder.phpとファイルが作成されるます

場所はdatabase/seeds/BooksTableSeeder.phpです。

  • データーベースを編集する
  • データーベース管理に追加する
<?php

use Illuminate\Database\Seeder;

class DatabaseSeeder extends Seeder
{
    /**
     * Seed the application's database.
     *
     * @return void
     */
    public function run()
    {
         $this->call(BooksTableSeeder::class);
    }
}

・・

さて編集が終わったら最後は以下を実行します

$php artisan db:seed

なぜlaravelでは更新作業をする必要性が?

先ほど編集したファイル達は設計図です。それを元にlaravelが新たに実行用ファイルを生成します。

laravaelは設計と建築を分けるPHPフレームワークなのです。

関連広告
総合
Share😄

コメント