Code Editor

blue white red and yellow abstract painting Convenient tool
Photo by Steve Johnson on Pexels.com
Enhanced Code Editor

1. エディタを開く

まず、エディタを開きます。画面に表示されたコードを見てください。これは、HTMLのコードです。HTMLは、ウェブサイトの構造を定義する言語です。楽しいことに、このエディタは複数の言語に対応しています。

2. 言語を変更する

エディタの下部にある言語ボタンをクリックして、別の言語を選択してみましょう。JavaScriptやPython、Rubyなど、様々な言語があります。それぞれの言語には独自の構文があり、コードの見た目が変わります。

3. コードを変更する

さて、ここが本当に面白いところです。エディタ内のコードを自由に変更してみましょう。例えば、HTMLの <body> タグの中に <h1>おもしろいコード</h1> と入力するとどうなるでしょうか?

4. 自動保存機能を使う

このエディタには、自動保存機能もあります。右上の「Auto Save」スイッチをオンにすると、コードの変更が自動的に保存されます。これで、ブラウザを閉じてもコードが失われることはありません。

5. コードをシェアする

最後に、作成したコードを友達と共有することもできます。右下の「Share」ボタンをクリックすると、コードのリンクがクリップボードにコピーされます。このリンクを友達に送ると、あなたのコードを見ることができます。

以上が、このコードエディタの使い方です。コードを変更したり、言語を切り替えたりして、思う存分遊んでみてください。楽しいコーディング体験をお過ごしください!

コメント