超コミュニケーションの極意

Love engineering

コミュニケーション

コミュニケーションとは、その名の自分の意見を相手に伝える事です。

自分意見を相手に伝えるという行為は

相手がどう感じ、どう行動し、どう思考するのか、

あらゆる「あなた」が反映されます。人はその過程で恋も生まれ、まさしくコミュニケーションは

極めて重要な能力です。

しかし、ただコミニケーション力は話すだけではないのです。

この能力を清める事で数多くの人に好かれるだけでなく、あなた自身のすべてが激変するでしょう。

コミュニケーションは総合力

コミュニケーションはトーク力だけではありません。

#姿勢#トーク力#ファッション#ボイス#持ち物

この5つを総合的に上げる事によってはじめて完成するのです。

#姿勢

聴く姿勢

Kino



評価
  1. DHV(高い価値)
  2. DLV<(低い価値)/li>
  3. IOI(脈あり)
  4. IOD(脈なし)

  5. パーソナルスペース
  6. 密接距離40cm
  7. 個人距離1m

キノは、キネステティク(感覚)から来たものである。

つまりボディタッチという。主に友情同時でも、行うとより親友度がアップする。

恋愛においては、キノを日常から用いる事によってその関係が一気に向上する。

なお、友情同時の場合は最初の[A]kinoのみを行うとよいだろう。

和み=相手が笑って会話に楽しみを覚えた時から徐々に開始する。

ちなみにAniCreでは出会ってから恋人、そして大人の関係になるまでのステップを

A段階⇒N段階⇒S段階と呼んでいる。

女性は男性と違い徐々に、自然に、まるで王子様感が非常に大事である。

その為に徐々にエスカレートをする。

和みとキノを交互に繰り返すことで、そのキノが断られた時に

ユーモアを持って自然に振る舞う事。

絶対に途中過程を飛ばさない事。

ストーリーが絶対的に大事であり、反則するとメンドクサイ事になる。

「A」kino



    最初はボディが一瞬触れる事からスタートする。

    なお目を合わせるという事は「いつも」しておくこと

    「一歩前進・二歩後進」
    The AniCre
    The AniCre

    2歩下がっても何もなかったようにする、キョロとしたらDLVだぞ

    DLV

    どんな人間関係でもDLVを示すと人から自分より低レベルだと思われなめた態度を取るようになる。詳しくは人の深層心理をチェック


    Aパーソナルスペース
    パーソナルスペース

    個人を取り囲む空間のこと

    1. 密接距離
    2. 個人距離
    3. 社会距離
    4. 公衆距離

    個人距離までは拒否(グダ)反応はほとんど起きない。

    個人距離から密接距離へは和み段階を超えたらスタートしよう。

    密接距離

    0cmから40cm

    個人距離

    40cmから1m

    社会距離

    1mから3m

    公衆距離

    3m以上

    AA一瞬のボディタッチ

    一瞬のボディタッチは偶然起こるものだ。だが、これを偶然を装って起こそう。

    まずはボディタッチで相手と触れる事により、パーソナルスペースの問題を超え次のステージに上がる事が出来る。

    次のステージに進む為にルール化すると、2回からAAA段階に移行しよう。

    AAAフレームとふれあい

      例えば、手相占い出来るのだけど、

      手見せて貰っていもいい?

      ありがとう。

      あ、これはダメな奴だ。出かけるときに雨になり続ける奴だ

      恋愛トークをここで入れ始める。

      ここで間接キスなどを挟むのもあり。

      飲み物の交換や食べ物において、

      これ食べてみたい!から食べていい? などなど

      例えば盛り上がっている話を変え、別のトークに持っていく。

      このあたりになると、最終段階の場所に移動する事が求められている。

      移動中もキノを繰り返し相手の気持ちを沈めないようにしよう

      どんな人にも親切な対応を/マインド

      これは本当にお勧めです。ただし、自分の時間を削ったり、自身の資産を削ってまでするものではありません。これは必ず返ってきます。

      「相手に対する自分の態度が自分に対する相手の態度を決定します」

      人は急な変化に対応する事が出来ません。高い所から落ちたらケガしますが、

      高い所でも、パラーシュートを開けばケガをせず、むしろ楽しめます

      つまり急に、話の雰囲気を変えるにはある程度の力が必要です。

      人は無意識レベルで人の上下を判別する本脳があります。これは生物に備われた生き残る為のメカニズムです。ここで堂々と常に胸を張ると、周りの扱いがガラリと変わります

      そして目を見る事を忘れずに

      理論的、合理的、抽象的言語処理能力が優れている極めて思考力が高い優秀な人は絶滅危惧種並みにいません。多くの場合感情によって行動を決定します。

      相手の好意を失うことは人を動かす事が出来ず全くメリットがありません。

      私の場合は常に(笑)事を心がけています。

      「私と同じように行動する知能がない」と考えましょう。

      話の主導権を握ろう

      話はどんどん振ろう

      話しはどんどん振りましょう。ただし、利き手の顔色を伺いながら相手自身の話をするように

      相手を楽しませましょう。相手の自慢話を聞こう。

      最初の話の振り方

      自分の事を考えるのをやめ自分の事を語るのやめ

      自分は心の中で、コミュニケーション以外の時間で

      この際、相手とわかりあう事は求めず、相手の価値観を知り、相手が何を考えているか思考しましょう

      この際、他人が自分の望みどおりに行動するとは考える事はやめしょう。

      :

      :「共有」を作り出せ

      天気の話など、お互いの似ている所や共有する話をしましょう。

      心理学において、類似性の法則があります。

      ミシガン大学心理学者は1961年の研究で、人間関係が親密になっていく過程を追跡調査した結果、お互いの基本的なものの見方や考え方が類似している事が発見されました。

      この理由に、

      1自分の考えが確認でき(恐らく、人の欲求の第五段階自己実現が成立)し安心感を得られるから

      2相手を理解する事が容易であり、衝突が少ないから

      3愛艇と自分とを一体的に感じ、自己愛を発生するから

      :引掛けを用いてみよう

      相手が会話について何を求めているでしょうか。

      心理学的に人間は1つのプラスの感情と4つのマイナス感情に分ける事が出来ます。

      間接的な質問をしよう

      人は急な変化に耐えれない。

      解決案は排除、ただ聞け

      4つネガティブ思考と1つのポジティブ思考

      後で述べますが、人の意識は究極をたどれば

      見た目を褒めるよりも、その人の自身 その中身が人間の最も深い部分にある

      衝動、自分がいかに重要な存在であるという事を得る事が人の最も根源に眠っています。(詳しく説明します)

      相手の苦労話は聞き出さず、環境⇒行動⇒能力⇒価値観⇒自己概念 話において相手の自己概念を聞き出す事を意識しましょう。

      共有点ゾーンを作り出せ

      相手の思考を顧みて、和みを作ろう

      人の心の動かし方/NLP(ニューロロジカルレベル)

      「あの人美人」

      「毎日、美容トレンドをチェックしていてすごいな」

      「化粧技術もすごいね」

      「そうだね。美容を努力してるんだ」

      「あの人の美容に対する深い思いが好きです。」

      見た目を褒めるよりも、その人の自身 その中身が人間の最も深い部分にある

      衝動、自分がいかに重要な存在であるという事を得る事が人の最も根源に眠っています。

      人は誰でも「自分」という存在を認めて欲しいのです。これは人はたった5つしかない欲望の4つ目

      承認欲求と自己実現という人の本脳から導く事も出来ます。

      名前は大事です

      この事から「名前」を呼ぶことは自分がいかに重要であるかという認識を与える事になります。

      失敗談を話そう

      人は間違えます。それは4回に3回は間違えるといわれているほどです。たとえあなた自身間違えた事がなくても、間違え話をするメリットはたくさんあります。

      それは相手に信頼してもられている、自分を必要としているという「自分が必要」という事を与えているからです

      ただし、この3つのルールだけは守ってください。

      ただし3つ目は能力を演出しその結果、相手に利益がある場合は例外でもいいと考えています。

      私は自分を蔑む人で成功している人、謳歌している人は見た事ないですし、人間関係の関わる重要リストからかなり優先順位を下げましょう。

      同様に、自身の業界から乖離し知識や経験も全くないのに

      自身に対しネガティブ思考行う人も成功している人はいませんので、重要リストから優先順位を下げる事をお勧めします。

      この根拠は自身で動いて行動するという挑戦する楽しみを嫌い、変化を受け入れることができない

      いわば

      人間の意志レベル=負のスパイラルに入りはじめ劣化していく人でしかないからです。

      人の動かし方

      「人を指導するのは難しくない。その人がある分野で扱っている能力に対し敬意を向けましょう」

      もう一度問います、人は自分がいかに重要な人物であるかいわば自己認識、重要感が欲求の最終地点です。

      その人が欲しいなら、その人が心から楽しめるような要素を入れる。

      その人に責任感を作り、心から信頼を提供させる。その際に、締切やノルマを設けると最も成果を得る可能性が高くなります。

      また人には2種類あります。

      最初に簡単な課題を提案する方がパフォーマンスを発揮できるか、困難な課題を提案する方がパフォーマンスを発揮できるかです。

      なおAniCreは後者です;

      人は急な変化に対応できない為、前者の方がパフォーマンスが発揮できると考えがちですが

      私のように思考する事に喜びを感じたり、戦略を立てる事が大大好きな人間、(あらゆる選択肢を思考する)にとってはパフォーマンスが急によくなります。

      人の恐怖心で最も心に刺さり、最も恐れているのは「劣等感」です。

      これは自己認識、重要感の逆なので明らかです。

      人に物を売りつけられたとか、人の言いなりになったと思うのは誰でもいやです。

      その理由は自己認識が否定されるからです。

      自分の都合で、そして自分の意志で物を買っていると思わせる必要があります。

      人に自身の意見を受け入れてもらう方法

      人にあなたの考えを受け入れてもらいたいなら、親友である人があります。

      親友というのはAniCreが定義する、人間関係レベルAからS段階の内

      中央のN3段階です。

      注意ではなく、その人自身に気づかせる

      もう一度いいます。人は自己認識を否定されるのを嫌います。

      その人の行動を正すメリットがあなたに存在する場合は

      協力したいと思わせるような、その人自身に間違いを気づかせるようにしましょう。

    コメント