ユニクロを始めとするアパレル企業を分かりやすく企業分析してみた

blue white red and yellow abstract painting Company analysis
Photo by Steve Johnson on Pexels.com

基本情報

生活の3大要素である、衣・食・住

衣・食・住は我々が生きる為に必要な事である。その3大要素の一つを占める、衣(服)=アパレル業界。

今日、日本を始め世界では服は生きる為というのではなく我々自身の個体、「個人」を見分ける数少ない要素(ファッション)となっている。

上場企業12社の分析

まずは12社を分析する。

*売上8月四半期、制作調査AniCre

これを見るに、

1ファーストリテイリング(ユニクロ&GU)

がかなりの売上を占めている。だが、1位のファーストリテイリングだけが巨大化しているだけであり

2しまむらも5000億以上売り上げがある。

その他3位以下も平均して1000億以上の売り上げがある。

なお2021年のアパレル上場企業は51社である。

業界の市場規模

また、全体の業界市場規模(国内)平均して9兆円規模である。

日本の人口から顧みると、今後の国内は減少

なお、2020年はコロナ影響もあり2兆減の7兆5000円であった。

大都市の外出規制があった。この2兆円は

都市部の一部ブランド商品の市場が減った可能性が高い

3良品計画

筆者はこの名前を聞いた事はないが、似たような企業を知っている。

本企業を分析すると、多くの人は一度は聞いた事ある企業であった。

同社の、2021年8月期 決算短信〔日本基準〕(連結)の

キャッシュ・フロー対有利
子負債比率を参照すると2018年から2021年にかけて増加している。

2018年では0.04であったが、2021年では1.79であった。

それより、キャッシュ・フロー対有利
子負債比率 ってなんやねん!(怒)

企業が本業によって得た収入によって有利子負債をどのくらい返済できるかを表してる

Next: 良品計画とは、○○○○の企業名である

コメント